先端膜工学分野

先端膜工学分野

教員一覧

 

膜を用いて水浄化やガス分離を行うことで、省エネ・創エネプロセスによる資源循環型社会の実現を目指す


研究の強み・実績

  • 日本初の先端膜工学センター設立(平成19年4月)(海外7大学膜センターと研究提携)
  • 先端膜工学研究拠点施設(6000m2)が大学キャンパス内に2015年2月竣工
  • 膜工学に関する各種パイロットプラントを整備
  • 先端膜工学研究推進機構(参画企業70社)との協働により、産学連携を強力に推進
  • 産学官連携により、膜を用いた省エネ型水処理・ガス分離プロセス、自然エネルギー利用創エネプロセス、環境循環型環境浄化プロセス等の開発を実施


育成される人材

環境に優しい社会の実現を目指して、新素材開発から膜作製技術・膜応用革新プロセスに至る総合的膜工学を習得し、環境・エネルギー関連分野で創造的技術イノベーションを創出できる人材



期待される事業創出


  • 研究科活動
  • 企業の方へ
  • 神戸大学
  • 神戸大学 大学院工学研究科・工学部
TOP