アントレプレナーシップ分野

アントレプレナーシップ分野

教員一覧

 

文理融合のメリットを活かし、先端科学技術分野のシーズを基にして、グローバルな視点で競争力のある事業創造を行える理系人材(理系出身の戦略的企業家)の養成を目指します。



授業科目の概要

事業創造の成功は、それを勝ち取る強い情熱と、冷静で合理的な戦略の両方が備わってこそ可能になります。最小のリスクで最大のリターンを実現するためには、事業創造の車の両輪である「事業戦略(Strategy)」と「財務戦略(Finance)」、そして先端テクノロジーを事業化するにあたって不可欠な「知財戦略(IP rights)」を、理論と実践の両面からしっかり使いこなす能力が必要です。本プログラムを通じて、いかにすれば事業創造の成功確率を飛躍的に向上させることができるのか、その方程式を習得します。



アントレプレナーシップ

科学技術イノベーションを自ら創出できる力を持つ理系人材(理系出身の戦略的企業)となることを念頭において、アントレプレナーシップ(企業家精神)とベンチャー企業のマネジメントに関する基礎知識を習得します。


事業戦略

事業創造の場において持続的競争優位を獲得し、維持するために必要な戦略理論(競争戦略、リソース・ベースト・ビュー、イノベーション戦略など)および、組織マネジメント理論とこれら理論の実践手法を習得します。


財務戦略

企業財務の基礎、財務計画の立案方法、企業価値評価やディール・ストラクチャー設計などの知識を学習し、さらに具体的な事例や演習を通して理解を深めることで、事業創造における財務面での実践力を習得します。


知財戦略

特許法や著作権法を始めとする知的財産法制度の全体像を学んだ上で、さらに実践的な特許出願手続、職務発明制度への対応、ライセンス契約、侵害訴訟等に関する研究を通じて、先端科学技術分野の事業創造において求められる知財の戦略的な取得・活用・保護の方法を習得します。


実践的応用力

受講生が有する、もしくは獲得しようと努めている先端科学技術分野の研究テーマを題材に、事業化のシーズやアイデアを発掘し、それらを実際の先端テクノロジー領域のベンチャー企業の事業創造プランに具体的に結びつけるための実践的応用力(ビジネスモデル、ビジネスプランの実践的な立案ノウハウなど)を習得します。


  • 研究科活動
  • 企業の方へ
  • 神戸大学
  • 神戸大学 大学院工学研究科・工学部
TOP