教職員一覧

山本 一彦(YAMAMOTO Kazuhiko)

研究室WEBサイト

KUIDリンク

研究分野

アントレプレナー・ファイナンス、ストラテジック・アントレプレナーシップ

プロフィール

最終学位

1988年3月 一橋大学商学部経営学科卒業

職務

神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 教授
神戸大学大学院経営学研究科 教授(兼任)
神戸大学先端バイオ工学研究センター・バイオエコノミー部門 部門長
一橋大学大学院経営管理研究科(MBA) 客員教授
株式会社科学技術アントレプレナーシップ(シードアクセラレーター) 取締役
株式会社シンプロジェン(DNA合成) 取締役
Vispot株式会社(ウイルス安全性評価) 取締役
株式会社バイオパレット(ゲノム編集) 取締役

業務略歴

 住友電気工業株式会社、株式会社野村総合研究所(企業財務調査室)を経て、ベンチャー企業などで財務、経営戦略の責任者を経験。
 1998年に独立系ベンチャーキャピタルを設立創業し、創業期専門のベンチャーキャピタリストとしてベンチャー企業の投資育成に取り組む一方、企業金融の専門家 としてM&A・財務戦略などのコンサルティングを提供。
 2016年3月にベンチャーキャピタルの代表取締役を退任し、同年4月神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科教授に就任(現任)した。同時に、神戸大学発ベンチャーの投資育成を行うシードアクセラレーターである株式会社科学技術アントレプレナーシップ(略称、STE)を創業し、取締役に就任した。また、2018年11月から、神戸大学の基幹研究推進組織である先端バイオ工学研究センターに設置された、バイオエコノミー研究部門の部門長を務めている。
 神戸大学発ベンチャーの投資育成として、2017年2月に神戸大学発バイオベンチャーである株式会社バイオパレット(ゲノム編集)と株式会社シンプロジェン(DNA合成)を神戸大学の理系教員らと共同で創業した。そして、同年9月には、神戸大学と大手トイレタリーメーカーとの共同事業として、ウイルス安全性評価を行う受託機関であるViSpot株式会社を創業し、同社の取締役に就任(現任)した。
 2018年9月、株式会社シンプロジェンと慶應義塾大学発の大手バイオベンチャー(Spiber株式会社)との資本・業務提携をプロデュースし、同時に株式会社シンプロジェンの取締役に就任(現任)し、同社の育成に継続して関与している。株式会社バイオパレットについても、同社の創業メンバーとして、また2019年2月からは取締役(現任)として、継続的にその育成に関与している。

教職略歴

早稲田大学大学院 ファイナンス研究科 非常勤講師 (2012年4月~2015年3月)
 講義科目名 「ベンチャー・ファイナンスと新産業創造」
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科(現経営管理研究科)非常勤講師 (2014年4月~、2018年4月から客員教授)
 講義科目名 「アントレプレナー・ファイナンス」
神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 教授 (2016年4月~)
神戸大学大学院経営学研究科 教授(兼任) (2016年4月~)

メッセージ

モットーは、「理論と実務の橋渡し」と「文理融合」です。
ベンチャー企業とは、今は小さいが、大きくなることを宿命づけられている急成長イノベーション企業のことです。その存在意義は、グローバルなレベルで活動し世界のイノベーションを主導するだけでなく、膨大な雇用を創出し経済成長に多大な貢献を果たすことです。
ベンチャー企業のファイナンス(「アントレプレナー・ファイナンス」)は、以前の「小さく産んでゆっくりと大きく育てる」から、「大きく産んで急 いで大きく育てる」へと、近年劇的に変貌しています。つまり、創業から成長初期の段階でグローバルな競争環境で圧倒的なポジションを築くべく、創業時から 大規模な外部株主資本をVCなどから調達するように、ファイナンスの常識は変わったのです。

連絡先

TOP